これなら長く待たされても安心!?ストレスの掛からない内科の利用方法とは

内科におけるスムーズな検診に早目の予約は必須

内科っていつ行っても混雑しているというイメージがありますよね。その日の午前の受診時間までには既に10人以上が待合室で待っているという光景も珍しくはありません。それゆえ急に具合が悪くなったからと予約無しで飛び込んでも、診察室に辿り着いたのはその受診時間のほぼ最後の方というケースも十分あり得る訳です。緊急性の高い急な症状は出来るだけ地域の救急医療センターを利用する等して、定期検診や予防接種といった用事であれば出来るだけ早い段階で内科に予約を入れた方が正解と言えそうです。

待合室でのリラックスの仕方は?

例え希望の時間帯に予約が取れたとは言え、内科の診療自体が混雑している事に変わり無く、前の受診者の都合によってはかなりの時間待たされるケースがある事を覚悟しなければならないでしょう。こんな時はやはり待合室でもリラックス出来るアイテムを持ち込むのが一番ですよね。身近なところでは小説やクロスワードといった読み物やアナログタイプのゲームを嗜むのがベスト。また機会があれば日記や趣味のアイデア帳といった書き物も大変有用でしょう。ただ気を付けなければならないのはゲームやスマホアプリ・携帯ネットといった電子機器の利用。内科によっては心臓病治療のペースメーカーを乱すという理由から禁止しているところも多く、控えた方が良いでしょう。

煩く無ければ受診者同士のコミュニケーションも楽しく

同じ内科に定期的に何度も通っていれば、同じ時間帯に頻繁に受診している他の受診者と待合室で同席になる機会も増えるもの。そこで何らかのきっかけで意気投合しコミュニケーションが取れる様になれば、また一つのストレス解消手段となる事でしょう。あまり突っ込んだ話は避け、ちょっとした世間話や趣味・地域の話題といった差し障り無い話題をメインに据えるのがベストです。時として趣味が合えば、大変有用な情報が得られるかも知れませんよね。

三鷹の内科は医師の先生が患者との信頼関係をとても大切にしているので、患者とのコミュニケーションを深める為に治療にあたってのインフォームドコンセントにとても力を入れています。