目だたない歯列矯正をしてみたい方へ。歯医者の選び方

歯の裏側から矯正できる歯医者を選ぶ

大人が歯列矯正をするのが珍しくない時代になりました。子供の頃は経済的に難しかった、または当時は歯並びが気にならなくても社会人になってから気になり始めた、そんな方もたくさんいます。でも、なるべく目だたない歯列矯正をしたいなら、歯の裏側に矯正装置を付けられる歯医者を選びましょう。表側から矯正するより矯正期間は長くなりがちですが、そのぶん目だちにくいメリットがあります。堂々と笑顔になれるので、接客業をしている方にもオススメです。

矯正器具に使うゴムは透明なものを使う歯医者を選ぶ

上顎前突、つまり出っ歯と言われる状態を後退させる場合、抜歯をして歯列矯正する事があります。抜歯をせず顎をスライドさせる手術もありますが、こちらは入院する必要があるため、抵抗がある方は抜歯を選びます。その抜歯後に出来た隙間を埋めるため、歯と歯の間にゴムを引っ掛けて歯を後退させるのですが、そのゴムがカラフルだと目だってしまいます。透明なゴムを使ってくれる歯医者を選びましょう。どういったゴムを使うかは、矯正前に歯医者に直接聞いてみると良いでしょう。

透明なリテーナーを使える歯医者を選ぶ

歯列矯正後、矯正装置を外した後に、リテーナーという装置を付けてしばらく生活するのは一般的です。樹脂で出来たもので、矯正後の美しい歯並びをキープするための役割があり、食事以外の時は歯にはめて日常生活をします。大人が矯正をすると歯並びが元に戻りやすい傾向があるので、リテーナーは大切な働きをします。患者自身の手で取り外しが可能で、専用の洗浄剤で洗浄も出来ます。目だつのが気になるなら、透明素材で出来たリテーナーを使う歯医者を選びましょう。

虫歯の治療跡をきれいにしたいならオールセラミックがおすすめです。一見すると自分の歯と見間違うほどのきれいな仕上がりにできます。