脂肪注入からワンランク上に進化!コンデンスリッチ豊胸ってどんなものなの?

脂肪注入のマイナス点って?

インプラントを挿入すると、理想的な形に整ったバストを作ることができますが、その反面、触感はやや人工的な感じが残ってしまいます。そこで登場したのが、バストアップを希望している女性本人のいらない脂肪を使ってバストに注入してサイズを大きくする方法でした。自分の脂肪を使うので素材としてはこれ以上に安全なものはないですよね。でも、脂肪と一緒に不純物も注入されてしまう事で小さなしこりが発生してしまうという欠点もありました。

コンデンスリッチ豊胸のメリット

コンデンスリッチ豊胸は脂肪注入のプラス面を活かしつつ進化させて、マイナス面を解消した方法と言えます。体から取り出した脂肪をバストに入れる前に遠心分離にかけて、しこりになってしまう死んだ細胞や劣化した脂肪細胞などを取り除いてくれます。余計なものが除去されてピュアな状態になった脂肪と幹細胞は濃縮処理されているので、バストに入れた時により定着しやすくなっています。脂肪注入よりも持続性もアップしているんですよ!

空気に触れない状態で作り出される!

取り出されたばかりの脂肪はとってもデリケートです。空気に少しでも触れてしまっただけで、品質が劣化してしまうんです。コンデンスリッチ豊胸に使われる脂肪を遠心分離する場合は、空気に触れない状態で作り出さないと汚染されてしまうので衛生上よくありません。各美容外科では遠心分離を空気に触れずに、不純物を可能な限り排除するために様々な工夫を凝らしてます。だからこそ、しこりがなく手触りのいい自然なバストアップが可能なんですね。

フォトフェイシャルは、IPLという光を照射してターンオーバーを促し、キメ細やかな肌へと導きます。シミ、そばかすからたるみ、小じわ、赤ら顔やニキビ跡まで、複数の症状を同時に改善できるのが最大の特長です。